空・仮・中の三諦
法介氏 投稿者:愚人 投稿日:2016年 9月24日(土)08時08分1秒 softbank126094195113.bbtec.net 返信・引用 編集済


 何故に、空諦にこだわるのかが解らない。

 如是相は仮諦であるから差別であり分別。
 如是性は空諦であるから無差別であり無分別
 如是体は中諦であるから差別にして而も無差別であり分別にして無分別。(而二不二)

 十界互具は、差別にして而も無差別であり分別にして而も無差別を説く中諦である。(而二不二)

 一念三千もまた、無差別にして而も差別であり無分別にして分別を説く中諦である。(而二不二)

 この中諦の処を観るのが大事なのでは?。


 『総勘文抄』の五百塵点刧云々の文も、中諦(而二不二)を教えた文である。
  • 法介
  • URL
  • 2016/10/07 (Fri) 16:22:14
 
Re: 空・仮・中の三諦 法介
返答 投稿者:法介 投稿日:2016年 9月24日(土)08時18分9秒 p1139105-ipngn200808fukuokachu.fukuoka.ocn.ne.jp 返信・引用


愚人さんへ

>一念三千もまた、無差別にして而も差別であり無分別にして分別

の部分を解り易く、具体的に説明してもらえると助かります。

愚人さんへ 投稿者:法介 投稿日:2016年 9月24日(土)08時39分5秒 p1139105-ipngn200808fukuokachu.fukuoka.ocn.ne.jp 返信・引用 編集済


日蓮正宗宗務院発行の「日蓮正宗入門」の「釈尊一代の教え」五時八教の項で
http://www.geocities.jp/shoshu_newmon/syakuson_2.htm

    三諦円融・十界互具の原理を基として、一念三千という法門が明かされています。

と説明されていますように三諦は一念三千という法門を構成する大事な要素だからです。

正しく大聖人様の「一念三千の法門」を理解出来ているのであれば

三諦を抜いて一念三千の法門を語ることは出来ないと解るはずです。


愚人さんへ 投稿者:法介 投稿日:2016年 9月24日(土)08時46分4秒 p1139105-ipngn200808fukuokachu.fukuoka.ocn.ne.jp 返信・引用


愚人さんへもう一つ

「空諦」に拘っているのではなく

「空の義の一念三千」を理解しないと「中の義の一念三千」の説明に進めないからです。

  • 法介
  • URL
  • 2016/10/07 (Fri) 16:24:00
 
Re: 空・仮・中の三諦 愚人氏
愚人さんへ 投稿者:法介 投稿日:2016年 9月24日(土)08時46分4秒 p1139105-ipngn200808fukuokachu.fukuoka.ocn.ne.jp 返信・引用


愚人さんへもう一つ

「空諦」に拘っているのではなく

「空の義の一念三千」を理解しないと「中の義の一念三千」の説明に進めないからです。

  • 法介
  • URL
  • 2016/10/07 (Fri) 16:25:08
 
Re: 空・仮・中の三諦 法介
愚人さん 投稿者:法介 投稿日:2016年 9月24日(土)13時35分42秒 p1139105-ipngn200808fukuokachu.fukuoka.ocn.ne.jp 返信・引用


御書の一念三千法門には、

百界と顕れたる色相は皆総て仮の義なれば仮諦の一なり
千如は総て空の義なれば空諦の一なり
三千世間は総じて法身の義なれば中道の一なり、

とあります。

愚人さんが書かれている

>十界互具は、差別にして而も無差別であり分別にして而も無差別を説く中諦である。(而二不二)

と、相違が生じておりますが、どう説明されます?



愚人さん 投稿者:法介 投稿日:2016年 9月24日(土)14時00分17秒 p1139105-ipngn200808fukuokachu.fukuoka.ocn.ne.jp 返信・引用 編集済


ちなみに、わたしの解釈は

百界と顕れたる色相は皆総て仮の義なれば仮諦の一なり

    一般世間で認識されるところの百界の相 (仮諦)

千如は総て空の義なれば空諦の一なり

    百界を形成しているのは十如是というカラクリであるので実体無しの(空諦)

三千世間は総じて法身の義なれば中道の一なり、

    五陰世間、衆生世間、国土世間が加わると言う事は、
    十界互具いずれかの境涯で働いた十如是によってもたらされた報い(宿業)が、
    五陰世間(身体や感性等々)をつくり、
    衆生世間(関わる人物等々)が決まり、
    国土世間(どこに生まれてくるか等々)が決まってくる。

    要するに、三千世間は現在の自分の姿であり、

    悩み苦しんでいる状態の自身の姿は仮諦で、
    仏の智恵に導かれて悟りを得た状態の自身の姿が中諦。

    よって而ニ不ニ。

というものです。
  • 法介
  • URL
  • 2016/10/07 (Fri) 16:27:46
 
Re: 空・仮・中の三諦 愚人氏
法介氏 投稿者:愚人 投稿日:2016年 9月24日(土)14時15分45秒 softbank126094212001.bbtec.net 返信・引用 編集済


 □十界互具は、差別にして而も無差別であり分別にして而も無差別を説く中諦である。(而二不二)

と、相違が生じておりますが、どう説明されます?

 ■十界は、仏から地獄まで差別の相なので仮諦である。
 互具は、仏から地獄まで互いに互いを具すので平等であるので空諦である。
 十界互具で差別即平等となり中諦である。

 私の文は、『一念三千法門』の十界互具の文を別して分けた文である。

 一念三千は、差別/仮諦に執われず、平等/空諦に執われず、而も差別/仮諦を認め、平等/空諦を認める差別即平等/中諦を説いたものである。

 法華講員と創価学会員とは差別の相があるが、互いに仏性を備えているので平等である。差別と平等を互いに認め合い互いに尊敬しあう事が大事だ。
  • 法介
  • URL
  • 2016/10/07 (Fri) 16:28:59
 
Re: 空・仮・中の三諦 法介
愚人さん 投稿者:法介 投稿日:2016年 9月24日(土)14時50分46秒 p1139105-ipngn200808fukuokachu.fukuoka.ocn.ne.jp 返信・引用


愚人さんは、

>互具は、仏から地獄まで互いに互いを具すので平等であるので空諦である。

空諦=平等

と解釈されていると受け止めて宜しいでしょうか?



私の解釈の根拠 投稿者:法介 投稿日:2016年 9月24日(土)15時08分11秒 p1139105-ipngn200808fukuokachu.fukuoka.ocn.ne.jp 返信・引用 編集済


愚人さんへ

http://tidouji.la.coocan.jp/kyougaku/kiso-923.pdf
↑大白法・平成27年12月16日刊(第923号)に掲載された三諦の解説があります。


〈空諦〉

  「空」の字は一般的に「うつろ・ない・欠けた」という意味に理解されていますから、
  「空とは無(非存在)」と考えがちですが、仏教では精神のあるものも、ないものも、
   一切世間のものはすべて因縁によって生じており、因縁によって生じる事物は、それ自
   体に実体はないとし、これを空と説いています。つまり、一切の事物には実体がないと
   いう真理を空諦と言うのです。
  • 法介
  • URL
  • 2016/10/07 (Fri) 16:29:50
 
Re: 空・仮・中の三諦 愚人氏
法介氏 投稿者:愚人 投稿日:2016年 9月24日(土)16時07分13秒 softbank126094207185.bbtec.net 返信・引用 編集済


 天台宗寺院 福寿山観音寺のホームページからです。

 icon 今月の言葉

  凡そ差別なきの平等は仏法に順ぜず 悪平等の故なり
  また
  平等なきの差別も仏法に順ぜず 悪差別の故なり
  (伝教大師最澄『法華去惑』)

2009年12月1日(火)


これは、宗祖伝教大師さまの『法華去惑』という著作のなかにでてくるお言葉です。差別は「しゃべつ」と呉音で読みます。

さて、みなさんも、中道(ちゅうどう)という言葉を耳にしたことがあると思います。中道というのは、仏教におけるものの正しい見かたのことです。仏教では、偏ったものの見かたを戒めます。宗祖のこのお言葉は、まさにそのことを語っています。

仏教ではすべての事象は「空」であると考えます。たとえば、りんご、と私たちが認識する果物には、それ自身に独立して、その果物をりんごたらしめる、いわばりんご性というものがあるわけではなく、複雑多様な関係性、つまり縁起というありかたのもと、仮にりんごなるものとしてあるにすぎないととらえるわけです。

このことは、私たちをとりまくあらゆる存在、運動、要素、言葉その他すべてにあてはまり、実体的な我はないという意味(諸法無我)において、一切諸法は成り立ちとして平等であると、仏教ではみるのです。

ただ、宗祖はこの諸法の平等面だけを強調したとらえかたを「悪平等」と表現し、仏教的なみかたではないといっています。なるほど諸法は平等な原理で成立しているとしても、私たちが眼・耳・鼻・舌・身という五つの感覚器官と意という知覚器官を通して認識するさまざまな事象は、いわば空の作用としてそれぞれ独自の個性をもち、異なるすがたをして存在し、現実世界を構成しています。宗祖は、この現実相を全く無視した平等論は一面的な理想論にすぎないと批判しているのです。

では、外界の事象の差別相をどう観るべきか。この点、宗祖は一切皆空の理を得道し、諸法の本質的平等を観ずる目をもたず、無節操に現実相にとらわれるならば、前述の偏った平等の主張同様に仏教の道理にかなわない「悪差別」になるといっています。

もうおわかりだと思いますが、今回採り上げた言葉は、「悪平等」、「悪差別」の用語によって仏教的外界のとらえかたである中道について説いているのです。さまざまな誘惑に満ち溢れた世界に生きる私たちの欲望は、次から次へと湧き起こり尽きることがありません。このカラフルな差別相によって成立する現実世界で、日々、過度の執着をもたず真に自由に生きていくには、「悪平等・悪差別」に陥らないようにすることが肝要なのです。


 因みに日蓮正宗の阿倍日顕氏も空を平等、仮を差別、中を差別即平等とし、それそれ平等、自由、尊厳ともしています。

 また、『日蓮正宗要義』には、

 万物にそれぞれの差別を忘却した平等の性質を内包するその理を名付けて空諦というのである。(日蓮正宗要義三五ニ頁)

とあります。更に、三諦と自由・平等・尊厳の関係については、『日蓮正宗要義』の三五四頁から三五九頁を参照して下さい。阿倍日顕氏のは、探すのが面倒です。

 更に、更にお示しの大白法の記事の空の説明は、中村元著『龍樹』に詳しく載っています。
  • 法介
  • URL
  • 2016/10/07 (Fri) 16:30:38
 
Re: 空・仮・中の三諦 法介
愚人さんへ 投稿者:法介 投稿日:2016年 9月24日(土)16時51分1秒 p1139105-ipngn200808fukuokachu.fukuoka.ocn.ne.jp 返信・引用 編集済


今後の議論の方向性を見極める意味に於いて、愚人さんに一つ質問させて下さい。

私は大聖人様の仏法を基準に信心をしておりますが(法華講に席を置いております)、

愚人さんは、天台宗の教義を基準に置かれているのでしょうか?
  • 法介
  • URL
  • 2016/10/07 (Fri) 16:31:41
 
Re: 空・仮・中の三諦 愚人氏
法介氏 投稿者:愚人 投稿日:2016年 9月24日(土)17時53分25秒 softbank126094226146.bbtec.net 返信・引用 編集済


 私は、名前だけ法華講員ですが、日蓮教の信者ではありませんし、勿論、最澄教の信者でもありません。天台宗寺院のホームページを引用したのは、空・仮・中の三諦と差別・平等・差別即平等の解説が平易で解りやすいからです。

 うちには、日蓮正宗の出版物が多くあるので日蓮正宗の教義は調べられます。ただし、一大秘法は南無妙法蓮華経の七字であり、日蓮には成道した意識はあっても日蓮正宗の主張する日蓮本仏論は無かったと考えています。また私は、深く対論出きるほどではありません。
  • 法介
  • URL
  • 2016/10/07 (Fri) 16:32:10
 
Re: 空・仮・中の三諦 法介
空 投稿者:法介 投稿日:2016年 9月25日(日)02時00分39秒 p1139105-ipngn200808fukuokachu.fukuoka.ocn.ne.jp 返信・引用 編集済


>因みに日蓮正宗の阿倍日顕氏も空を平等、仮を差別、中を差別即平等とし、それそれ平等、自由、尊厳ともしています。

どうやら、そのようなことが最新の書籍の中でも見受けられますね。

となると、

日蓮正宗の教学

  〈空諦〉

   精神のあるものも、ないものも、一切世間のものはすべて因縁によって生じており、
   因縁によって生じる事物は、それ自体に実体はないとし、これを空と説いています。
   つまり、一切の事物には実体がないという真理を空諦と言うのです。


日顕御隠尊猊下

「三諦」とは空・仮・中であり、そのうちの仮を取れば、あらゆる存在は因縁が異なるので、
すべてが差別し相違している。すなわち十界は、ことごとく各別の相を表している。
次に空を取れば、あらゆる物事は互いに具し合っているので、その通同の辺において互具円融し、
すべてが平等である。
( 平成27年4月28日 初版発行 三大秘法義 )


と、正宗内で解釈に相違がおきていますが・・・


私的には、「空」を「平等」と解釈してしまうと「無我・無自称」つまり、「一切の事物には実体がない」にならないと思うんですけど。
  • 法介
  • URL
  • 2016/10/07 (Fri) 16:34:51
 
Re: 空・仮・中の三諦 法介
[195] 「三観」と「三諦」の違い
 投稿者: 法介 投稿日:2016年10月 7日(金)03時03分9秒 p1139105-ipngn200808fukuokachu.fukuoka.ocn.ne.jp 通報 返信・引用 編集済
|
三観=物事の捉え方           三諦=真理(仏の悟り)
仮観=縁起の法門            仮諦=十界互具
空観=無我・無自性 自色即是空     空諦=十如是
中観=而二不二             中諦=一念三千

というふうに定まってきた今日この頃
  • 法介
  • URL
  • 2016/10/07 (Fri) 16:36:13
 
Re: 空・仮・中の三諦 愚人氏
[196] 法介氏
 投稿者: 愚人 投稿日:2016年10月 7日(金)03時07分25秒 om126212051078.11.openmobile.ne.jp 通報 返信・引用 編集済
 龍樹菩薩『中論』

 第二四章 四つのすぐれた真理の考察

 十八 どんな縁起でも、それをわれわれは空と説く。それは仮に設けられたものであって、それはすなわち中道である。(講談社学術文庫 中村元 著 『龍樹』381頁)


 ■縁起と空は同義であるから空諦と縁起を結びつけていないことに、私の愚かな心では違和感を感じるのです。縁起であるが故に無自性(空)です。

 『龍樹』は難しくて愚か脳の私には、なかなか理解できません。ですが、眠り薬には良いです。(それだけ難解であり、高尚である)
  • 法介
  • URL
  • 2016/10/07 (Fri) 16:36:46
 
Re: 空・仮・中の三諦 法介
[198] 愚人さん
 投稿者: 法介 投稿日:2016年10月 7日(金)05時03分21秒 p1139105-ipngn200808fukuokachu.fukuoka.ocn.ne.jp 通報 返信・引用 編集済
|
>縁起と空は同義であるから

という言葉は腑に落ちないなー。

仮諦は十界の相であり、その相は縁起によって現れる訳だから
仮観は縁起とみるのが妥当だと私は解釈しています。


>縁起であるが故に無自性(空)です。

縁起によって仮に佇んでいるから「仮」であると私は解釈します。


どちらが正解かは、解りませんけど^^

おそらく、他の要素との絡みの上で矛盾が生じない方が正解でしょうね。
  • 法介
  • URL
  • 2016/10/07 (Fri) 16:37:34
 
Re: 空・仮・中の三諦 愚人氏
[199] 法介氏
 投稿者: 愚人 投稿日:2016年10月 7日(金)09時24分13秒 om126212051078.11.openmobile.ne.jp 通報 返信・引用 編集済
 本当は『龍樹』から私が引用すれば良いのですが、縁起は空であることを、このサイトの説明を参考にしてみて下さい。真言宗智山派総本山 智積院のホームページからです。


http://www.chisan.or.jp/chisanha/center/forum/detail/id=355
  • 法介
  • URL
  • 2016/10/07 (Fri) 16:38:10
 
Re: 空・仮・中の三諦 法介
[201] 愚人さん
 投稿者: 法介 投稿日:2016年10月 7日(金)10時58分44秒 p1139105-ipngn200808fukuokachu.fukuoka.ocn.ne.jp 通報 返信・引用
|
斎藤 明 先生の空論、早速読ませてもらいました。

斉藤氏が言うように縁起=空であるとした場合、
仮=  何になると言われてますか?
論説の中では記述がありませんので
確認の為、お聞かせください。
  • 法介
  • URL
  • 2016/10/07 (Fri) 16:38:48
 
Re: 空・仮・中の三諦 沖浦氏
[202] (無題)
 投稿者: 沖浦克治 投稿日:2016年10月 7日(金)14時04分5秒 softbank126014113169.bbtec.net 通報 返信・引用
 成仏って言いますね。
 でもその状態を具体的に明かした人はいません。
 大聖人は云われておられる。
 自分が久遠の本仏そのものだと解ることが成仏だ。

 『然れば久遠実成の釈尊と皆成仏道の法華経と我等衆生との三つ全く差別無しと解りて妙法蓮華経と唱え奉る処を生死一大事の血脈とは云うなり、此の事但日蓮が弟子檀那等の肝要なり法華経を持つとは是なり、』
 (生死一大事血脈抄)

 ここで日蓮正宗の寛師の邪義では、久遠実成の釈尊は別しては大聖人とします。
 更に、皆成仏道の法華経を戒壇本尊。
 この二点が大聖人の仏法から見て、異流儀です。
 素直に、

 自分が大聖人と寸分異ならない久遠からの南無妙法蓮華経如来で、その自分が南無妙法蓮華経唱える事が仏そのものなんだ。

 と解る事だけが、法華経を持つという事だ。

 これで良いのです。
 後の理屈は余分ですね。
  • 法介
  • URL
  • 2016/10/07 (Fri) 16:39:38
 
Re: 空・仮・中の三諦 愚人氏
[203] 法介氏
 投稿者: 愚人 投稿日:2016年10月 7日(金)14時20分41秒 om126212051078.11.openmobile.ne.jp 通報 返信・引用 編集済
 斉藤氏は「空」の説明なので御指摘の答えは有りませんが、愚人が此処で答えるならば、「此があれば彼があり、此がなければ彼がない、此が生ずれば彼が生じ、此が滅すれば彼が滅す」ですから、

 十界の衆生(仮諦)も縁起によって生じているのですから、仮諦もまた縁起であります。
  • 法介
  • URL
  • 2016/10/07 (Fri) 16:40:14
 
Re: 空・仮・中の三諦 法介
[204] 返答
 投稿者: 法介 投稿日:2016年10月 7日(金)16時09分38秒 p1139105-ipngn200808fukuokachu.fukuoka.ocn.ne.jp 通報 返信・引用 編集済
|
愚人さん
>十界の衆生(仮諦)も縁起によって生じているのですから、仮諦もまた縁起であります。

仮諦=縁起
空諦=縁起

となると御書の御文

「百界と顕れたる色相は皆総て仮の義なれば仮諦の一なり千如は総て空の義なれば空諦の一なり
   三千世間は総じて法身の義なれば中道の一なり」
                     (一念三千法門)

との関係に於いて矛盾が生じるのでは?

百界と顕れたる色相は皆総て仮の義なれば仮諦の一なり
    百界と顕れたる色相とは縁起によって顕れている百界の相  仮諦=縁起=百界
千如は総て空の義なれば空諦の一なり
    その百界の差別相が基準となって動き出す十如是=千如是  空諦=因果=千如是
三千世間は総じて法身の義なれば中道の一なり (色即是空)
    三世間が加わって一念三千の当体(凡夫の一念三千)    中諦=一念三千=仏の悟り

でつじつまがあいます。


沖浦様
>成仏って言いますね。

仮諦=成仏 っていうご意見でしょうか?
だとしたら。それはちょっと・・・


この議題も「空・仮・中の三諦」の議題でデータBBSの方に格納しときます。
http://mh357.bbs.fc2.com/  データBBS
  • 法介
  • URL
  • 2016/10/07 (Fri) 16:40:49
 
Re: 空・仮・中の三諦 沖浦氏
[205] 法介さん
 投稿者: 沖浦克治 投稿日:2016年10月 7日(金)16時43分27秒 softbank126014113169.bbtec.net 通報 返信・引用
 仮諦が云々などは天台に任せて置いて良いのです。
 空化中の三諦などは私どもはどうでも良い事です。

 ご本尊をわが命の設計図だと信じ、自身がそのままで久遠元初の南無妙法蓮華経如来だとわかる。
 そして題目を唱え弘める。

 これだけで良いのですよ。
  • 法介
  • URL
  • 2016/10/07 (Fri) 16:46:23
 
Re: 空・仮・中の三諦 法介
[206] 管理人様
 投稿者: 法介 投稿日:2016年10月 7日(金)16時54分35秒 p1139105-ipngn200808fukuokachu.fukuoka.ocn.ne.jp 通報 返信・引用
|
沖浦様

沖浦様も学会員でしかも戸田先生を師匠の一人と仰ぐのであれば、
戸田先生が大御本尊様の事を「一念三千様」とお呼びしてたのは御存知かと思います。
何故、御本尊様が一念三千なのか、
空・仮・中の三諦の理解なくしては正しい解釈に至らないのです。
だから、議論しているのです^^

沖浦様のご意見はご意見として受け止めさせて頂きます。
  • 法介
  • URL
  • 2016/10/07 (Fri) 16:55:46
 
Re: 空・仮・中の三諦 愚人
[213] 法介氏
 投稿者: 愚人 投稿日:2016年10月 8日(土)01時15分32秒 om126212051078.11.openmobile.ne.jp 通報 返信・引用 編集済
 漢訳『中論』

 「因縁所生の法、我即ち是れ空なりと説く。亦た是れ仮名と為す。亦た是れ中道の義なり」

 慧文→南岳→天台と伝えられた『中論』の三諦偈の文には、空・仮・中の三は同義語であり、空・仮・中は因縁所生の法つまり縁起であります。

 龍樹菩薩の『中論』

 四つのすぐれた真理の考察 に、

 何であろうと縁起して起こったのではないものは存在しないから、いかなる不空なるものも存在しない。(講談社学術文庫 中村元 著 『龍樹』 381頁)

とあります。


 一念三千も縁起であると思います。
  • 法介
  • URL
  • 2016/10/10 (Mon) 04:14:00
 
Re: 空・仮・中の三諦 法介
[215] 愚人さん
 投稿者: 法介 投稿日:2016年10月 8日(土)04時23分15秒 p1139105-ipngn200808fukuokachu.fukuoka.ocn.ne.jp 通報 返信・引用 編集済
|
龍樹が中論の中で説く「空」と天台が摩訶止観で説く「空」はまた別のものだと思います。

以下の内容は日蓮正宗の五時八教の解説の八教の部分の解説文です。


             八教

 「八教」は「化法(けほう)の四教」と「化儀(けぎ)の四教」とに分けられます。このうち「化法の四教」とは、釈尊の教えの内容を分類したもので、蔵教・通教・別教・円教の四つをいい、「化儀の四教」とは、衆生を化導する方法を分類したもので、頓教・漸教・秘密教・不定教の四つをいいます。

<化法の四教>

化法の四教とは、教えそのもの(四諦など)を法と呼び、釈迦の教えを内容から分類したもので、釈尊一代五十年の説法を、教理内容の面から蔵教(ぞうきょう)・通教(つうきょう)・別教(べっきょう)・円教(えんきょう)の四つに分類したものです。


1、蔵教(ぞうきょう)

 蔵教(ぞうきょう)とは三蔵教の略称で、三蔵とは経(教典)・律(戒律)・論(解説)をいいます。
 この三蔵は、本来、小乗教、大乗教の双方にそなわっているものですが、天台大師は法華経『安楽行品第十四』の、

 「貧著(とんじゃく)小乗 三蔵学者」(開結 383)

の経文を、「小乗に貧著する三蔵の学者」と読み、このことから小乗教を指して三蔵教と称しています。

蔵教は声聞(しょうもん)・縁覚(えんかく)の二乗を正機(しょうき)とし、菩薩を傍機(ぼうき)として説かれた教えです。

その教義は、三界・六道(地獄・餓鬼・畜生・修羅・人間・天上)の苦しみが前世における煩悩(見思惑)と、そこからもたらされる業(行い)の報いによるものであるとし、この煩悩を断ずるためには、空理を悟るべきことを説いています。

 蔵教の空理観は、一切の事物を構成要素に分析していき、それらは因縁が尽きれば滅して空になると観る「析(しゃ)空観」を説いています。

 この空理観に基づき、声聞は四諦(したい)、縁覚は十二因縁、菩薩は六度を修行して、見思惑という煩悩を断尽し、再び三界六道の苦界に生を受けることがなくなるということを蔵教の悟り(涅槃)としています。 見思惑とは、道理に迷う煩悩(見惑)と、感情的な煩悩(思惑)のことをいいます。

 これらの煩悩は、肉体があるかぎり心を惑わすものですから、灰身滅智(けしんめっち=身を灰にし心智を滅失すること)によって、はじめて真の涅槃に入ることができるとされています。 この悟りを「無余涅槃」といいます。

 このような蔵教の空理観は、現実を否定し、すべての実態をただ空の一辺のみと見るところから「但空の理」といわれ、また偏った真理であることから「偏真の理」ともいわれます。



2、通教(つうきょう)

 通教(つうきょう)は、前の蔵教では傍機であった菩薩を正機とし、声聞・縁覚を傍機として説いた権大乗の教えです。通教の通とは、ここで説く「当体即空」の空理が前の蔵教の空理に通じ、また、後の別教と円教にも通じるという意味です。

 通教では、三界六道の苦界から脱れるための観法として、因縁によって生じた諸法の当体はもともと存在せず、それ自体が空(当体即空)であるという「体空観」を説いています。

 この通教において三乗の人々は、それぞれに無生の四諦・十二因縁・六度を修行しましたが、その悟りの内容は機根の利鈍の差により、同一の結果とはなりませんでした。 すなわち鈍根の菩薩や声聞・縁覚の二乗は、「当体即空」を聞いて蔵教と同じく「但空」を悟るに止まり、利根の菩薩は、この当体におのずから有の存在を含み、ただ単なる空ではないという中道の妙理が含まれている「不但空の理」を悟るというものでした。

 したがって、この通教(つうきょう)の説かれた主な目的は、利根の菩薩に不但空の理を悟らせ、次の別教や円教の修行に進ませるところにありました。



3、別教(べっきょう)

 別教は、菩薩のみに説かれた教えで、前の蔵・通ニ教や後の円教とも異なることからその名があります。

 ここでは、前のニ教が空理のみを説くのに対し、広く空・仮・中の三諦(さんたい)を明かしています。

「空理」とは、あらゆる存在には固定した実体がないことをいい、「仮諦(けたい)」とは、あらゆる存在は因縁によって、仮りにその姿が現れていることをいい、「中諦(ちゅうたい)」とは、あらゆる存在は空でもなく仮でもなく、しかも空であり仮でもあるという、空・仮のニ辺を超越したところをいい、ここに不偏の真実があるとします。

 しかし、別教で説かれる空・仮・中の三諦(さんたい)は、互いに融合することなく、それぞれが隔たっていることから「隔歴(きゃくりゃく)の三諦」といわれ、一切の事物について差別のみが説かれて、融和が説かれていないという欠陥があります。ここで説かれる中諦は、空・仮のニ辺を離れた単なる中道であるため、これを「但中の理」といいます。

 また別教では、蔵・通ニ教で説かれた三界六道のほかに、四聖(ししょう=声聞・縁覚・菩薩・仏)を含む十界すべての因果を明かしていますが、それぞれの境界は隔別しており、十界互具する義は説かれていません。

 このように三諦円融の義もなく、十界の融通・互具の義もない別教は、いまだ完全な教えではないのです。



4、円教(えんきょう)

円教では、空・仮・中の三諦は孤立することなく、一諦の中にそれぞれ三諦をそなえて、一諦即三諦・三諦即一諦の関係が説かれています。 これを「円融の三諦」といいます。

 この円融の三諦は、法界に存在する個体も、法界全体もことごとく中道不思議の妙体であるとするもので、ここで説かれる中道は別教の「但中」に対し、「不但中」といいます。

 また、円教においては十界互具が説かれ、九界の生命も仏界に具足し、仏界の生命もまた九界の衆生に具有することが明かされています。

 これら三諦の円融や十界の互具を説き明かした円教は、完全な教えであり、仏の究極の悟りなのです。

 この三諦円融・十界互具の原理を基として、法華経には一念三千という法門が明かされています。 この法門を信ずることによって、我が身と宇宙法界が円融相即し、これまで断滅すべきものとされていた煩悩・五欲も断ずる必要はなく、凡夫の身をそのまま仏と開く即身成仏の義を明かすものです。

 なお、円教の理は華厳時・方等時・般若時にも一応説かれていますが、蔵・通・別の方便教と混合しているため、純粋な教えではありません。このためそれらを「爾前の円」といわれています。これに対して、法華経は純粋に円融円満の教義が明かされた教えであり、これを「純円独妙」といいます。

http://mh357.web.fc2.com/3-3.html

  • 法介
  • URL
  • 2016/10/10 (Mon) 04:15:33
 
Re: 空・仮・中の三諦 愚人
[218] 法介氏
 投稿者: 愚人 投稿日:2016年10月 8日(土)08時50分44秒 softbank126094198122.bbtec.net 通報 返信・引用
 化法による「空」に、相違は無いと思います。
 分析して「空」を観るか、
 分析すること無く其のまま「空」と観るか、
 「空」を「仮」「中」と別々に観るか、
 「空」「化」「中」が円に融じていると観るかの違いだけであると思います。

 「空」そのものに違いは無いと思います。
  • 法介
  • URL
  • 2016/10/10 (Mon) 04:16:34
 
Re: 空・仮・中の三諦 愚人
[220] 三諦・五時八教を習い論ずる事
 投稿者: 愚人 投稿日:2016年10月 8日(土)09時48分3秒 om126212051078.11.openmobile.ne.jp 通報 返信・引用
 『曾谷入道殿許御書』の

 此の大法を弘通せしむるの法には、必ず一代の聖教を安置し、八宗の章疏を習学すべし。然れば則ち予所持の聖教多々之有りき。(平成新編御書790頁)

の文より、三諦・五時八教を習い論ずる事も必要であると推する。
  • 法介
  • URL
  • 2016/10/10 (Mon) 04:17:22
 
Re: 空・仮・中の三諦 沖浦
[217] (無題)
 投稿者: 沖浦克治 投稿日:2016年10月 8日(土)07時36分53秒 softbank126014113169.bbtec.net 通報 返信・引用
 五時八教について。

 既に南無妙法蓮華経が表にでています。
 ですので、釈迦がどう云う時系列で法を説いたのか?

 学問上の問題にはなり得ますが、私どもには無関係です。
  • 法介
  • URL
  • 2016/10/10 (Mon) 04:27:53
 

ホーム

>